Macの文字変換(ライブ変換)がおかしくなった時に7秒で直す方法

Macのライブ変換はとても便利ですが、使用していると誤変換を起こすようになります。

誤変換の症状。私の場合。

これ、「シフトキー」+「アルファベット」を順番に押しているだけなんです。
それだけなのにライブ変換では、「TOKYO」とか「いないいない」や「うして」などと訳のわからない文字に変換されてしまいます。

これでは文字入力に支障をきたしますよね。

というわけで直しましょう。方法は簡単。7秒で出来ます。

1、「あ(ひらがな)」→「”日本語入力設定”を開く」

2、「入力ソース」→下にスクロールして「変換学習:リセット」を選択

3、「リセット」を選択。終了

以上です。

注意:上記スクリーンショットにありますように、この方法でリセットすると入力及び変換の履歴を削除することになります。よって、Macに覚えさせておきたい変換につきましては、別途「ユーザー辞書」に登録しておくようにしてください。

私は、ユーザー辞書に登録していない変換の履歴を逐一反映されるのは迷惑なので迷わずリセットしました。

関連記事