Wordでメイリオなどのフォントを使った時に行間が広がる問題を解決する

こんにちは、MOSのがむです。今日は、メイリオなどのフォントを使った時に行間が広がってしまう問題を解決します。

今回の現象はWindows版でもMac版でも基本的に同じ動作で直すことができます。ここではMac版Word2016で進めますが、Windowsの方も同じように操作してみてください。

行間が広がってしまう問題とは

メイリオやNoto Sans CJK JPなどのフォントを使った際に、行間が不自然に広がってしまう問題。

※行間が著しく離れてしまう。

これではせっかく気に入ったフォントも使うことができません。

対策法1

1、文章を全選択します。(Mac…「command+A」、Windows…「Control+A」)

2、右クリックで「段落」を選びます。

3、「段落」ダイアログボックスが表示されます。「間隔」の中の「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外します。
「行間」はとりあえず1行のままで。

4、「OK」を押します。すると…

行間が程よくなりました。もう少し狭めたい方は、3の工程で「行間」に「倍数」を選び、「0.88」などと設定してみてください。

「ここまでは良かったけど、新たに文字を入力すると再び行間が広がる!」 という方は、以下の方法をお試しください。

対策法2

先ほどの3の工程で、「既定に設定」を選んでOKを押す。

 

対策法3

対策法3は、「文字数と行数」の項目を設定するのですが、MacとWindowsで方法が少し違います。

Mac編
1、「フォーマット」→「文書レイアウト」へ。

2、「文字数と行数」→「グリッド」の項目の「標準の文字数」を選択し、「OK」で閉じます。

 

Windows編

1、「レイアウト」タブを選択→2、小さな矢印をクリック→3、「標準の文字数を使う」を選択→4、「OK」で閉じます。

以上です。

新しいフォント使用時に行間が広がってしまった時はこの方法で調節してみてください。

本ブログ管理人が開くWord講座はこちらから オンラインレッスンも始めました。1レッスン1000円(税込)〜 対面レッスンを受けられない方はこちらで解決!

関連記事