大切な文書をがっちり保護! Word文書をパスワードロックする方法と解除方法

こんにちは、MOS(Microsoft Office Specialist)のがむです。今日は、大切な文書にパスワードロックをかける方法をお伝えします。

Word文書にパスワードロックを設定したい!

 

こういう需要ってわりとあると思います。
個人情報を記載した文書はもちろんですし、ネットにあげたけど、パスワードを知っている人だけに公開したい、というような使い方もあると思います。そんな時に使えるのが「パスワード」機能です。
設定は、とても簡単ですからぜひ覚えていってください。

では、まずはMac版からご紹介いたします。

 

Mac版

 

・画面上部中央の「校閲」タブを選択します。
・画面上部右の「文書の保護」ボタンを選択します。

資料の内容がどこかの公文書のようですが気にしないでください!(笑)

すると「パスワードによる保護」というダイアログボックスが表示されます。

・「この文書を開くためのパスワードを設定する」に任意のパスワードを入力してください。その時のポイントは、

  • 大文字と小文字は区別されます。ご注意ください!

  • パスワードは必ず控えてください。紛失しても復元できません!

です!!

すると、以下の画面のように再入力を求められます。
・パスワードを再入力してください。(確認用です。)

重複しますが、絶対にパスワードを忘れないようにご注意くださいね。

以上で、OKです。
上記の手続きの中には、

「この文書を変更するためのパスワードを設定する」
「保護対象」

などの気になる項目がありましたが、私はあまり必要性を感じませんでしたので、ご紹介いたしません。

なぜなら、「この文書を変更するためのパスワードを設定する」を設定しても、結局「複製して保存」したら編集し放題ですし、「保護対象」の「読み取り専用」なども、なんだかんだで上書きできてしまうからです。

では、パスワードロックをかけた文書はどうなったかと言いますと…

鍵マークが付きました。分かりやすい!

これを開こうとすると…

こうなります。適当に入力すると…

シャットアウト! これで大切な文書の管理も安心ですね。
以上がMac版のご紹介。続いて、Windows版の設定方法をご紹介いたします。

 

Windows版

 

Windows版の場合は、「校閲」タブからは入れません。「ファイル」タブから入ります。

・「ファイル」タブをクリックしてください。

・画面中央一番上の「文書の保護」(青枠)をクリックしてください。

下記のような画面が表示されますので、(画像荒くてすみません! スクリーンショット出来ない画面でした)

・「パスワードを使用して暗号化(E)」を選択してください。

パスワード入力画面が表示されます。
・パスワードを入力してください。※確認のため2回入力します。
その時に2点ご注意ください。

  • パスワードは控えるようにしてください。 忘れてしまうと二度と文書を開けなくなってしまいます!

  • 大文字小文字は区別されますのでその点も注意です!

「OK」で終了します。

保護されると、下記のような表記に変わります。

これで、文書は保護されました。今後開く時には必ずパスワードが求められます。(Mac版と違ってアイコンに鍵のマークは表示されません)

 

解除方法

 

最後に解除方法を書いておきますね。

パスワードロックの解除方法は考え方としては、

何もないパスワードを入力して上書き保存する

という形になります。
以下Mac版でご案内しますが、Windows版でも同じことです。

まずは、文書を開いた状態で、もう一度パスワード画面の入力画面まで進んでください。

・以下のように、すでに設定しているパスワードが黒塗りで表示されていますので、削除してください。

・そして何も入力されていない状態を確認して、「OK」で閉じます。

・最後に文書自体を「上書き保存」することを忘れないでください。
※これを忘れると、パスワードロックは解除できません。

これで、パスワード設定を解除できます。Windows版でも同じことです。

いかがでしたでしょうか。パスワードロック設定&解除、簡単ですよね。

ちなみに、パスワードの分からない文書のパスワード解除は、出来ませんので、くれぐれもパスワード紛失には気をつけてくださいね。

 

本ブログ管理人が開くWord講座はこちらから オンラインレッスンも始めました。1レッスン1000円(税込)〜 対面レッスンを受けられない方はこちらで解決!

関連記事