Word 2019 for Macの新機能。MicrosoftオフィシャルサイトとOffice Insiderファストプレビューから大予想!!(動画付き)

こんにちは、MOSのがむです。今日は、Word 2019 for Macの新機能についてご紹介します。え? 発売前なのに? はい。きっとこうなります。

Windows版Word2019新機能のご案内はこちら

二つの参考資料

今回参考にしたのはこちらの二つ。

一つ目は、

本家アメリカMicrosoftオフィシャルサイトの「What’s new in Word 2019 for Mac」というページです。

二つ目が、
Office Insiderファストプレビュー」です。これは前回の記事の時でも紹介したのですが、登録すれば、Office365版Wordの最新の機能を試すことができます。

「Word2019は、Office365版のWordに加わった機能が搭載される」

と、言われていますからこの二つを紐解いていけば、発売前のWord 2019 for Macの最新機能を予測できるというわけです。

では、さっそく見ていきましょう。

翻訳機能

Word 2019 for Mac(以下Word2019)では、翻訳機能が搭載されます。試して見るとこんな感じ。※音声なし

使用時にはインターネット接続が必要です。気になる翻訳レベルは…う〜ん…Google翻訳の方が上でしょうか。すみません。ここ、私は英語がダメなので判断ができません。

学習ツール

次はこちら。作成した文書をチェックする時に、
「文字の列幅」「ページの色」「テキストの感覚」などを調節して「読み上げ」てもらうことができます。実際に試してみました。※途中から音あり

読み上げのスピードを変更することも可能です。
読み上げ機能はこれまでもありましたが、Microsoftはこの機能をさらに強化してきていますね。しかし、この「学習ツール」に関しましては、Mac版よりWindows版の方が一歩先を行っています。
1、Windows版は、読み手の声を選べる。
2、発音も若干いい?
3、読み上げている行にもスポットを当てられる。(数行単位で指定可能)

描画

今回から、新たに「描画」タブが導入されました。

トラックパッドを使ってペン機能を使うことができます。

アイコンと3Dモデルの挿入

「挿入」タブから新たに、アイコンと3Dモデルが挿入できるようになりました。

どんなアイテムがあるかと言いますと…

アイコン

他にも、テクノロジーおよびエレクトロニクス、コミュニケーション、分析、商業、芸術、お祝い、顔、矢印、動物、アパレル、医療など実にたくさんの種類のアイコンが挿入できます。
もちろん挿入したアイコンは、以下のように色を変えたりサイズを変えたりして使用することができます。

 

3Dモデル

試しに、キリンを挿入してみました。

3Dですから、色々な方向からの見た目を選択できます。ただし、読み込みに時間がかかります。

フォーカスモード

そしてフォーカスモードです。

Word 2011for Macに搭載されていた機能がパワーアップして戻ってきた形ですね。文章の入力に集中できる優れた機能です。
フォーカス機能につきましては別記事で特集していますので詳しく知りたい方はご覧ください。

アクセシビリティチェックの強化

アクセシビリティチェックとは、視覚などに障碍を持つ方もドキュメントから必要な情報を手に入れられるように、文書に内包された情報に不足がないかをチェックする機能です。

下記の文章をチェックしてみます。
「校閲」タブから「アクセシビリティチェック」をワンクリックするだけで、その結果が画面右側に表示されます。

問題がある場合は、解決方法も画面右側に表示されます。これまでも搭載されていた機能ですが、よりアクセスが簡単になりました。

ダークモードへの対応

これまでのスクリーンショットでご覧いただいていたように、OSMojaveのダークモードにも対応しました。詳しくは前回の記事へ。

表示の刷新

機能としては以上ですが、リボンなどのデザイン・文字の表示が刷新されました。比較してみましょう。

Word2016

Word2019

皆さんは、どちらがお好みですか?

以上です。
Office Insiderファストプレビュー(バージョン16.20 181029)の機能がWord 2019 for Macに全て反映されたらこのようになる、という形をご覧いただきました。もちろん、この通りになると断言することはできません。ただ、それほどの違いは生じないのではないでしょうか。ぜひ参考になさってみてください。

なお気になる価格は、2016版に比べて3000円近く上乗せになるのではないかと言われています。日本での発売時期につきましては、Office2019(Windows)は年内とアナウンスされていますが、Mac版につきましては、正式なアナウンスはまだ出ておりません。

関連記事