シナリオライターのためのWordレッスン

現在レッスン受付は、ストアカに統一しています。
レッスンをご希望の方は、ストアカからお申込みくださいませ。※レッスン日が掲載されていますが、リクエストを出していただければ可能な限り対応させていただきます。


ストアカ

西上 寛樹

劇作家のためのWordレッスン&シナリオライターのためのWordレッスンinTokyo 2019年8月13日

Microsoft Office Specialistが行うシナリオライターさんに向けたWordマンツーマンレッスンのご案内です。

Wordを正しく使いこなすことは、より良い執筆環境を整えるための近道です。レッスンを受けるとどのような違いが生まれるか、ぜひご覧ください。

最新! テンプレート付き動画はこちらから

シナリオのフォーマット

テレビや映画のシナリオには、フォーマット上の約束事がいくつかあります。

これら体裁上の約束事をWordを使って行き当たりばったり的に整えると、あとで直しのときにえらく時間を取られてしまうことがあります。よくあるのは、セリフやト書きの字下げがずれていく問題です。

 

字下げがずれる問題

セリフを直していて、下記のように、おかしな隙間ができたことはありませんか?

これは、2行目以降の字下げに「スペースキー」を用いているために起こる問題です。こうなってしまうと、直すのにとても骨がかかります。

しかし、Wordの機能を正しく使っていれば、これだけですみます。

たったこれだけです。そもそもWordを正しく使っていれば、余計な隙間など出来ないのです。

スペースキーで整えていた方は、ものすごく時間をロスしています!

 

次は、ト書きです。ト書きは一字下げではなく、行頭を揃えなければなりません。

そして柱。柱には柱の約束事があります。太字にして行頭に「○」などを加え、一字あけてシーン名を書きます。これをいちいち設定するのも面倒なことです。

柱、ト書き、セリフ、それぞれの約束事を一括で管理する方法はないのでしょうか。

Wordの機能を使って柱・ト書き・セリフを書き分ける方法

あります。Wordの機能を使いこなせば、柱、ト書き、セリフ、それぞれの約束事を自動で切り替えて執筆することができます。

この間、マウスやトラックパッドに手を伸ばす必要もありません。ライターは、ホームポジションをキープしたまま、それぞれの書式を書き分けることができるのです。

これにより三つの大きなメリットが得られます。

メリット

1、圧倒的な時間の短縮

冒頭で30秒以上かかった直しが3秒になったように、ズレの修正や太字の設定にかかっていた時間が全て無くなります。これにより一本のシナリオを書き上げるのに一体どれだけの時間的余裕が生まれるか、シナリオライターの皆さんには容易に想像がつくと思います。

2、物語の世界への没頭

ホームポジションから手を離さないですむということは、ライターは執筆に集中できるということです。体裁はWordに任せてライターは物語の世界に没頭しましょう。

3、直しの瞬発力

シナリオを書くということは、演劇の戯曲と同じで二稿、三稿と「直していく」ことだと思います。最初から体裁の整ったシナリオを書くことで二稿以降の直しが驚くほど簡単になります。また、先ほどの動画にも少し出ていましたが、柱にアウトラインレベルを割り当てる事で、下記のようにシーンを俯瞰することも可能です。

なお、ナビゲーションウィンドウに表示された柱をクリックすると、その場面にジャンプすることも可能です。柱を丸ごとカットすることだってできます。これも体裁を整えたからこそ得られる直しの瞬発力ですね。

 

いかがでしょうか。正しくWordを使えるようになると、様々なメリットが得られるのです。

本スクールでは、シナリオライターに特化したWordレッスンを行なっています。

現在レッスン受付は、ストアカに統一しています。
レッスンをご希望の方は、ストアカからお申込みくださいませ。※レッスン日が掲載されていますが、リクエストを出していただければ可能な限り対応させていただきます。


ストアカ

西上 寛樹

劇作家のためのWordレッスン&シナリオライターのためのWordレッスンinTokyo 2019年8月13日

関連記事