Wordスタイル入門ースタイルを制する者はWordを制するー

こんにちは、MOSのがむです。今日は、Wordの要であるスタイル機能についてご案内いたします。

タイトルでかなり攻めてしまいましたが、Wordを「長文執筆のためのアプリケーション」と捉えるとスタイルを制した者がWordを制するというのはあながちハズレではないと思います。ただ、このWordの本丸とも言えるスタイル機能を使っている人って驚くほど少ないのです。今日は「スタイル入門」と題して、簡単なスタイルの使い方とメリットをお伝えいたします。

この記事は、Word for mac2016を元に執筆されていますが、Windowsでも基本的に同じ考えになりますので、Windowsユーザーの方も安心してご覧くださいませ。

スタイルってなんのこと?

まずは、スタイル機能がどこにあるかを見てみましょう。

ご覧のように「ホーム」タブの中に収納されています。もう少し寄ってみると…

このように表記されています。「あ、見たことある!」という人もいますよね。
これがスタイルです。これは何かと言うと、

スタイルには、それぞれに文字書式が割り当てられていて、選択する事で、その文字書式を一瞬で呼び出すことが出来る

のです。例えばこんな文字書式&段落書式がそれぞれのスタイルに設定されています。

「標準」
・フォントの種類…游明朝レギュラー
・サイズ…10.5P
・配置…両端揃え
・アウトラインレベル…本文

「見出し1」
・フォントの種類…游ゴシックライト
・サイズ…12P
・配置…両端揃え
・アウトラインレベル…レベル1

「見出し2」
・フォントの種類…游ゴシックライト
・サイズ…10.5P
・配置…両端揃え
・アウトラインレベル…レベル2

「表題」
・フォントの種類…游ゴシックライト
・サイズ…16P
・配置…中央揃え
・アウトラインレベル…レベル1

つまり、Wordで文章を綴っていくときには、このスタイル機能を使って書式を呼び出しながら執筆していけばいいわけです。

 

スタイルを使ってみる

では、早速スタイルを使って文章を綴っていく様子をご覧いただきましょう。
スタイルの種類は沢山ありますし、自分でも独自のスタイルを作ることができますが、スタイル入門者の皆さまには、まずは上記4つのスタイルだけを使っていただきたいと思います。

1、タイトルを入力する。

文書の冒頭にタイトルを入力します。
-1 文頭にカーソルを合わせた状態で、

-2 「表題」スタイルを選択して文字を入力します。

自動的に「中央揃え」が適応され、フォントの種類とサイズも変更されました。

-3 同じ要領で「見出し1」「見出し2」「標準」を使い分けながら文章を綴っていきます。

 

メリット1

さて、こうしてスタイルを使いながら文章を執筆した時のメリットです。それは、「表示」タブ(①)の「ナビゲーションウィンドウ」(②)の「見出しマップ」(③)を表示させたときに実感できます。

ご覧のように画面左に見出しの一覧が表示されました。この一覧の見出しを選択するとその場にジャンプすることができます。長文になればなるほど、このナビゲーションウィンドウを使って文書内を無駄なく移動することができます。また、文書全体を俯瞰する事も可能になります。この見出しスタイルを使ったナビゲーションウィンドウの表示こそ、長文執筆アプリケーションWordの一番の強みです。この機能を使わない手はありません。

 

メリット2

もう一つ大きなメリットは、それぞれの文字書式に直しが出た際に、いちいち一つずつ直す必要がない、という事です。
例えば、見出し1のフォントサイズを14→16に変更してみます。

スタイルを選択して二本指タップ(右クリック)をして「変更」を選択します。

「スタイルの変更」画面に切り替わるので、
フォントサイズで16を選択してOKで閉じます。

すると、

長文になればなるほど、直しが圧倒的に早くなります。

多くの方は、これまで「標準スタイル」を使って、フォントサイズをその都度変更したり、位置を設定したりして文書を作成してきたと思います。それでは、Wordの機能のほとんど活かせていないということになります。

レポートの作成も、脚本の執筆も、料理レシピの管理も、日記の執筆も、Wordを便利に使おうと思えば、全てスタイルに依存します。スタイルを理解すれば、目次を作ったりする事も簡単です。ユーザー独自のスタイルを作ることもできますので、このスタイルを深めていくことがWordをプロ仕様に育てていくことに直結しますが、そんなに難しく考えなくてもとりあえず、上記4つのスタイルを使い分けてみるだけでもWordの環境は劇的に便利になるはずです。ぜひお試しくださいませ。

関連記事